-2-bc75bb41

現在の支援総額

¥624,944

目標金額

¥2,530,000
想定必要金額…¥2,300,000
25%

募集終了まで残り

30日

支援者数

65人
\ シェアして応援しよう /
  • コピーしました

【FIP発症0匹目】助けてあげられなかった「あんこ」

発症0匹目:助けてあげられなかった「あんこ」について

どうしても、はぁちゃん(発症1匹目)を助けたかったのには理由がありました。

その理由は、発症0匹目のあんこという猫です。

 

あんこは私が初めて、家に迎えた猫です。はぁちゃん達より少し前に保護しました。

 

月齢7か月でまだ幼さの残る、長毛でとてもかわいい、人懐こい女の子でした。

すぐに里親さんが決まるだろうと思っていました。

(この時はまだ、工場の猫達が追い出されてしまうことを知りませんでした。)

-2-d08e6e4b

 

あんことの生活は、とてもとても幸せでした。

家に帰るとあんこが待っていると思うと、仕事も頑張れました。

遊ぶのも甘えるのも大好きで、夜は枕元で一緒に寝てくれました。

 

しかし、あんことの幸せな日々は長くは続かず、あんこが来てから1ヶ月が経った頃(5月末)、あんこの調子が急変。

病院へ行くと「体がウイルスに負けている状態」と言われ、そのまま入院。

「あんこを助けてくれるなら、いくらかかってもいい」とお願いしましたが、あんこは回復することはなく、亡くなってしまいました。

-76b197e1

可能性の1つとして「FIP」と言われましたが、確定診断が出たわけではなく、この時の私はFIP治療薬の存在を知りませんでした。

 

もっと早く体調不良に気づいていれば、助けてあげられたのではないか。

私が保護しない方が良かったのではないと、悔やんでも悔やみきれませんでした。

私のようなしょうもない人間が生きているのに、愛され可愛がられる為に生まれてきたあんこが、どうしてこんなに幼くして亡くなってしまうのだろうと思いました。

そして7月初め、今度は はぁちゃんが難病であるFIP発症。

大変ショックでしたが、「今度は必ず助けてあげるから、」と思いました。

 

 

入院及び治療費は117,766円でした。

 

後から思うにあんこもFIPだった可能性が高いと思われます。

この時の経験から、はぁちゃん(1匹目)がFIPを発症した時は「今後こそ助けてあげるから」と、高額治療をすることに迷いはありませんでした。

まさかその後、2匹目、3匹目、4匹目も発症するなんて、思いもしませんでした。

 

みんなを助けてあげられて本当に良かったと思っていますが、はぁちゃん(1匹目)の治療費で貯金を使い切ってしまっており、どうやっても残り3匹の治療費が足りません。

どうか保護猫達の治療費に、ご支援をお願い致します。

\ シェアして応援しよう /
  • コピーしました

ひろせはぁちゃん
ひろせはぁちゃん
工場から救出した保護猫6匹と生活しています。 しょんぼり3兄弟 長男:はじめ→優しくて控えめな男の子 次男:次郎→お腹とお膝に乗るのが大好き、とにかく甘えん坊 三男:お…もっとみる

支援コース

支援するコースを選択後、画面下部の「支援する」ボタンからご支援ください。

※数量の変更、複数コースの選択ができます。

※全額応援コースだけの場合、
「ニックネーム&住所入力なし」で支援ができます。

¥ 0

\ シェアして応援しよう /
  • コピーしました

回答を残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です