FIP を発症したサスケを助けるため、皆さんのご支援をお願い致します。

66%

現在の支援総額

¥525,944

目標金額

¥800,000
想定必要金額…¥900,000

募集終了まで残り

8日

支援者数

77人

開始日

2021年12月23日

終了日

2022年1月31日

\ シェアして応援しよう /
  • コピーしました

プロジェクト本文

サスケの保護主のたけうちと申します。

この十数年で約 500 匹以上、野良猫として生まれ行き場のない猫たちや、人間の勝手な都合で放棄・遺棄された猫たちを保護し、里親さまへと送り出す手伝いをしてきました。

サスケも、里親さまへと命を繋げたその中の 1 匹です。

このプロジェクトは、猫伝染性腹膜炎(FIP)を発症し、命の危機に瀕しているサスケを治療するために、サスケの飼い主さんの代理で立ち上げたプロジェクトです。

 

前回のプロジェクトで皆さまからご支援頂いたカツオが順調に回復しているように、未承認薬 MUTIAN は、FIP 治療にはとても有効な治療薬だと考えています。

しかし、個人で賄うには依然、高額です。

まだまだ始まったばかりのサスケの猫生が、これからもずっとずっと続くように、ご支援、ご協力をお願いいたします。

 

プロジェクトの目標・実現したいこと

84 日間の投薬治療を完遂し、経過観察期間を経て、寛解を目指します。

 

サスケの FIP はウェットタイプの中期と暫定診断されました。

治療薬は、体重が増えると服薬量が増えるため金額が変わります。

現在の体重で 1 日 7,000 円、それを84日間投与しますが、成長期の為、体調が安定すると体重が増え、薬代も高くなることが予想されます。

体重増加を見込んだ概算で 700,000 円から 800,000 円程度の投薬費に、数回の各種検査代を合わせると、治療費が合計で約 900,000 円かかる見込みです。

 

治療費及びクラウドファンディング手数料 10 %を鑑み、800,000 円を目標金額とさせていただきました。

どうか皆様、ぜひ、お力添えをお願い申し上げます。

 

サスケについて

サスケは、まだ、7 ヶ月の子猫です。

2021年7月に、1 匹でも多く殺処分から救いたいと、千葉県内の動物愛護センターに収容されていた 3 兄弟を引き受けました。

そして2021年10月、里親さまとの嬉しいご縁があり、兄妹猫のリンと一緒にお迎え頂きました。

新しい環境にも少しずつ慣れ、食欲旺盛だったサスケ。

しかしふと気づくと、ご飯を食べてない、咳みたいなのをし、呼吸も苦しそうだと、動物病院を受診。

胸水が溜まり、FIP の疑いあると言われたと、里親さまから連絡がきました。

 

食欲不振、胸水などの症状からFIP 疑惑は濃厚だったため、連絡から 2日後に、サスケを MUTIAN 協力病院に連れて行きました。

初診の病院で抜いた胸水がまた溜まっていたので、酸素室に2日入院し、MUTIAN の注射を打ちました。

 

3日後に退院し、MUTIAN 投薬をスタートしました。

MUTIAN 投薬から16 日、食欲も出て、投薬の効果を実感しています。

 

猫伝染性腹膜炎(FIP)・猫伝染性腹膜炎(FIP)治療について

多くの猫が持っている、猫コロナウイルス(FCoV)が原因で起こる病気です。

FIP であると確定診断された場合、恐ろしいことに【致死率ほぼ 100 %】と言われています。

 

FCOV は容易に感染するものの弱毒性のウイルス(猫腸管コロナウイルス:FECV)であり、無症状~下痢嘔吐など腸炎に似た軽い症状をもつに過ぎません。

しかし、猫伝染性腹膜炎(FELINE INFECTIOUS PERITONITIS:FIP)は、猫コロナウイルス(FCOV)が突然変異によって「猫伝染性腹膜炎ウイルス(FIPV)」となり、それに依って引き起こされる致命的な免疫性ウイルス疾患とされています。

 

生存率は極めて低く、発症すると平均生存期間が僅か 9 日間とされてきました。

長年、効果的な治療法はなく、死の宣告といわれてきた猫の病気です。

 

●FIP の症状とは?

FIP は症状の特徴から「ウェットタイプ」と「ドライタイプ」もしくはその両方の「混合タイプ」に分類されます。

共通する症状の徴候として、「抗生物質に反応しない」「食欲の減退」「元気の消失」および「嗜眠(寝てばかりいる)」「4 日以上の高熱が続く」などがあります。

またウェットタイプの場合、腹部または胸部内に水分が溜まること(腹水・胸水)で、これらが時に呼吸困難を引き起こすことがあります。

FIP は診断後、急速に症状が悪化することが知られており、迅速な対応が求められる病気です。

 

●猫伝染性腹膜炎(FIP)の治療法は?

一般的には猫伝染性腹膜炎(FIP)は、完治させる治療法がありません。

病院で診察を受けたときに

「FIP の場合、延命するためだけの治療しかありません。」

と言われました。

 

しかし近年では、未承認薬による治療で FIP を寛解した猫が、世界中にどんどん増えてきています。

現在は承認された治療方法がない難病 FIP。

この絶望的な難病と立ち向かわなければ、サスケを救うことはできません。

 

ご支援金の使い道

皆様から頂いたご支援金はすべて、サスケの FIP の治療薬、検査費用に使わせていただきます。

FIP 治療薬は、病状及び体重で服用する容量が決まります。

治療開始時、サスケは、ウエットタイプ中期、体重は 2.5 ㎏のため、1日の薬代は 7,000 円です。

84 日のうち 4 日は病院で注射してもらいました。

 

MUTIAN Ⅱ (注射):
4 本 × 9,000 円 = 36,000 円

200 mg(1 日 1 錠):
80 錠 × 5,600 円 = 448,000 円

50 mg(1 日1 錠):
80 錠 × 1,400 円 = 112,000 円

合計: 596,000 円

投薬中の検査費をプラスすると、トータル 700,000 円から 800,000 円ほどかかる計算になります。

 

治療費及び、リターン費用とクラウドファンディング手数料 10 %を鑑み、800,000 円を目標金額とさせていただきました。

どうか皆様、ぜひ、お力添えをお願い申し上げます。

 

 

リターンについて

【全額応援コース】

ご支援金の全額をサスケの治療費として使わせていただくため、メールや経過報告においてお礼させていただきます。

 

【支援コース】

お礼のメールや経過報告、ご支援金に応じた心ばかりのお品をリターン品としてお送りいたします。

※いずれのコースも 84 日間の投薬治療終了後、2022 年 2 月下旬を目途に、準備が出来次第、お送りさせていただきます。

 

スケジュールが変わりましたら、都度、ご連絡させていただきますので、よろしくお願いいたします。

 

実施スケジュール

当プロジェクトのスケジュールは下記のとおりです。

・2021 年 12 月 2 日 ~ 2022 年 2 月 23 日 : 治療期間( 84 日間)

・2022 年 2 月 23 日 ~ 2022 年 5 月 23 日 : 経過観察期間( 3 カ月間)

 

84 日間の投薬治療後、3 カ月間の経過観察となります。

再発しなければ「寛解」となります。

 

おわりに

飼い主さんの何とかサスケを助けたい、という思いを痛いほど受け、代理でクラウドファンディングを立ち上げた次第です。

どうか皆様、サスケが FIP を克服し、飼い主さんの元に元気に戻り、お子さんたちと一緒に成長し、兄妹猫とずっと一緒に暮らせるよう、ぜひ、皆さまのお力をお貸しください。

心からお願い申し上げます。

たけうち
たけうち
千葉県市川市の京成線鬼越駅前で猫を保護しています。 常時10匹前後の保護猫がいるため、 随時里親募集中です。 もっとみる

支援コース

支援するコースを選択後、画面下部の「支援する」ボタンからご支援ください。

※数量の変更、複数コースの選択ができます。

※全額応援コースだけの場合、
「ニックネーム&住所入力なし」で支援ができます。

¥ 0
トップに戻る