【FIP 猫伝染性腹膜炎】致死率ほぼ100%の病と戦うビルスくんの治療にご支援、ご協力をお願い致します。

23%

現在の支援総額

¥182,000

目標金額

¥780,000
想定必要金額…¥1,210,000

募集終了まで残り

32日

支援者数

10人

開始日

2021年11月21日

終了日

2021年12月31日

\ シェアして応援しよう /
  • コピーしました

プロジェクト本文

はじめまして、メインクーン男の子ビルスの飼い主 阿見と申します。

1歳8ヶ月のビルスは、発症すると致死率ほぼ100%と言われるFIP(猫伝染性腹膜炎)を発症しており、闘病中です。

 

日本未承認のお薬を84日間投薬することで寛解を目指せるそうで、投薬した猫さんが寛解した例もたくさんあります。

ビルスも現在投薬中で、投薬11日目にしてめちゃくちゃ元気になりました。

しかし、84日間投薬するには110万円程かかる見込みで、恥ずかしながらすべてのお薬代を今の私達では全額用意することができません。

絶対助けたいです。

どうかご協力、ご支援お願い致します。

 

プロジェクトの目標

84日間の投薬を無事に終え、寛解することが目標です。

 

現在、ビルスはドライタイプ初期、体重3.5㎏ 200㎎5,000円のお薬を500㎎投薬しています。

体重が増えればお薬も増え、体重増加を想定すると、お薬代は121万円かかる見込みです。

※加えて2週間に1度、診察代・血液検査代がかかりますが、自己資金で支払います。

 

ビルスを迎える前に子供達が立て続けに進学したこともあり、投薬費用を50万円しか用意することができませんでした。

残りの71万円とあにファン手数料10%で77万円を目標金額に設定させていただきました。

どうかご支援、ご協力をお願いいたします。

 

これまでの活動

●2020年7月11日

ビルスを迎えました。(生後4ヶ月)


↑我が家の子になった日です!

 

●2020年9月16日

ビルス去勢手術。この時の術前検査では異常なしで、去勢手術も無事終えています。

 

●2020年10月5日

22時頃突然の嘔吐下痢を繰り返し、少し元気がなくしんどそうでした。

 

●2020年10月6日

かかりつけ医は休みの為、別の病院へ。

前日と比べて元気も食欲もあったものの、このときのエコー検査でリンパが多数腫れていること、いつくか病気の可能性があると告げられ、血液検査をすることに。

 

●2020年10月9日

血液検査の結果、急性炎症マーカーが高いものの、リンパの腫れが腫瘍でなかったことがわかりました。

どうしてリンパが腫れているのか細胞を取って調べましょうと言われましたが、腫瘍ではなかったこと、元気・食欲もあったことから完全に安心しきっており、病院をかかりつけ医にもどしました。

 

●2020年11月17日

リンパの腫れが引かず、かかりつけ医の勧めから大きな病院で検査することを決意し、県外の病院へ連れていきました。

エコー検査をした後、「CT検査と細胞検査、血液検査をします。血液検査以外は当日中に結果がでないので、後日かかりつけ医で聞いてください」と言われ、ビルスを半日預けました。

 

血液検査の結果は、やはりFIPの可能性が高い、治療法はないと。

泣きました。絶望でした。

でも、まだ可能性だ、元気だし、食欲もある、絶対違う!そう思ってました。


↑10月の結果よりグロブリンが上がっています。

 

●2020年11月

かかりつけ医から連絡があり、CT検査と細胞検査の結果、やはりFIPの可能性が高いと告げられました。

後日診察を受けたときとき、未承認薬のことも教えてくれました。

でも、元気もあり、食欲もあり、体重も増えていたことから、誤診だ、と家族全員思っていました。

1ヶ月に1度の定期検診で様子を見ることにしました。

 

●2021年3月〜8月上旬

元気・食欲はあり、体重も増え、嘔吐下痢も1度もなく、FIPのことすら忘れてしまうくらい本当に元気でした。

リンパの腫れもあまり大きくなっていないことから、2ヶ月に1回の定期検診になりました。

私達家族も安心しきっていて、やっぱり違う!と思っていました。

●2021年8月下旬

ご飯をあまり食べなくなり、寝ていることが多くなりましたが、嘔吐下痢もなく、夏バテかな?程度に思っていました。

ちょうど定期検診だったので病院に行ったところ、微熱があり、体重もだいぶ減っていました。

ステロイドと抗生物質をもらい1週間後様子を見ることに。

 

●2021年9月

病院へ行き、熱も下り、体重も少しだけ増えていました。

このときも未承認薬の話を聞きましたが、この段階ではステロイドを続けることに。

 

●2021年10月中旬

ご飯を食べなくなり、ちゅーるも1/3くらいしか食べず、下痢もするように。

未承認薬のことを調べまくり、いろいろな情報があるなか、1つの病院に連絡しました。

県外の病院ではあったのですが、所用で近くまで行く日に診察、お薬の処方できます!と!運命すら感じました。

なんとかその日までビルスもがんばってくれ、10月30日より投薬開始しております。

投薬2日後には食欲あり、下痢なし、顔つきも変わりました。


↑お薬の明細書です。

 

ご支援金の使い道

全てFIPのお薬に当てさせていただきます。

 

●お薬代の見積もり

ドライタイプ初期の為、体重1kgにつき130mg投薬(通常の1.3倍)

200㎎(1錠)5,000円

体重3㎏(1日400mg)からスタート

 

①10月30日〜11月1日(3kg・400mg)
10,000円×3日間=30,000円

 

②11月2日〜11月12日(3.38kg・450mg)
11,250円×11日間=168,750円

投薬後すぐに体重が戻り、投薬量もふえました。

これ以降は想定体重で計算しています

 

③11月13日〜11月27日(3.5kg〜3.8kgまで500㎎)
12,500円×15日間=187,500円

④11月28日~12月12日(3.9kg〜4.2kgまで550㎎)
13,750円×15日間=206,250円

⑤12月13日〜1月1日(4.3kg〜4.6kgまで600㎎)
15,000円×20日間=300,000円

⑥1月2日〜1月21日(4.7kg〜5kgまで650㎎)

16,250円×20日間=325,000円

 

お薬代合計  1,217,500円

お薬代には121万円ほどかかりますが、お薬代の自己資金は50万円しか用意できません。

自己資金で支払える金額と、あにファン手数料10%を加味して、78万円を目標金額に設定させていただきました。

どうかご協力、ご支援お願い致します。

 

リターンについて

少しでも実用性のあるものをリターンとしてお送りします。

●ポケットティッシュ5個セット
●マグネット37ミリ四方
●A4クリアファイル
●トートバッグ A4サイズ

 

全て、ビルス単独、ビルス&ウィスの画像をランダムで作成し、お送りさせていただきます。

 

実施スケジュール

●2021年10月30日 投薬スタート
●2021年12月31日 プロジェクト終了
●2022年1月21日 投薬終了
●2022年3月上旬 リターン発送

 

おわりに

1度は諦めた命ですが、投薬開始の決め手は長女と次男の言葉でした。

長女からは「いずれ、居なくなってしまうのはわかってるけど、この病気で居なくなってしまうのは嫌や。」と。

次男からは、部活のウィンドブレーカー代自分で出すからその分、ビルスの薬代にして!と。

子供達はこんなにも思ってくれているのに、私が迷っていてどうするんだ!と。

 

投薬開始後、元気になってきたビルス、家の雰囲気もすごく明るくなりました!

このまま寛解まで頑張りますので、皆様からのご支援、ご協力、何卒お願い致します。

Ami
Ami
メインクーン男の子 ビルスくん ウィスくん 夫婦2人 子供3人 と暮らしています。 現在、ビルスくんはFIP闘病中です! ご支援、ご支援お願い致します!もっとみる

支援コース

支援するコースを選択後、画面下部の「支援する」ボタンからご支援ください。

※数量の変更、複数コースの選択ができます。

※全額応援コースだけの場合、
「ニックネーム&住所入力なし」で支援ができます。

¥ 0
トップに戻る