致死率ほぼ100%…FIP(伝染性腹膜炎)を患った、子猫の「ねむ」を助けてください!

62%

現在の支援総額

¥259,666

目標金額

¥420,000
想定必要金額…¥650,000

募集終了まで残り

11日

支援者数

28人

開始日

2021年9月16日

終了日

2021年10月31日
このプロジェクトの支援総額について

このプロジェクトの支援総額には、

  • プロジェクト外での支援金¥1,000

が含まれています。

\ シェアして応援しよう /
  • コピーしました

プロジェクト本文

初めまして。ねむの飼い主のヤマザキと申します。

2021年8月21日に、初めての猫である、「ねむ」を迎えました。

ねむを迎え入れてからちょうど2週間目の2021年9月4日、猫伝染性腹膜炎(FIP) を患っていると診断されました。

この病気は発症した場合は亡くなる可能性が非常に高く、余命は数日〜長くて2ヶ月と宣告されました。

 

これまで有効な治療方法はなく、延命治療しか出来ませんでしたが、近年では海外製の「MUTIAN」という薬で助かる可能性があります。

実際にこの薬で寛解し元気に生きている猫ちゃんが沢山います。

 

しかし、日本では未承認薬である為、保険が効かず、高額な治療費が必要となります。

情けない話ですが、自分では、どうしても全額を賄えません。

 

ねむはまだ生後4ヶ月のスコティッシュストレートで、本来であれば平均寿命は10〜13歳です。

この病気を克服出来れば、あと10以上年生きられるかも知れません。

まだ生まれて半年も経っていないねむを失うなど、考えたくありません。 もっとずっと一緒にいたいです。

治療を続けるために、ご支援ご協力を、何卒お願い致します。

 

病気と治療の詳細

MUTIANの投与により、ねむを寛解まで治療したいです。

ねむは家に来てたった2週間でFIPになり、ぐったりと寝てばかりで、与えたご飯を一度も完食出来たことすらありませんでした。

しかし、MUTIANの投薬を始め、少しずつ元気になり、食欲も出て、子猫らしく遊び回ることが出来るようになりました。

これから先も猫らしい一生を送って欲しいです。 そして、ずっとそばにいたいです。

こんなに早く別れるなど、考えたくありません…。

 

寛解まで治療するには、体重に応じてMUTIANを84日間、24時間おきに投与する必要があります。

84日間の薬代が約47万円、定期検診や検査費用などを含めると治療費が総額65万円かかる見込みです。

しかしながら、私自身はまだ20代前半の派遣社員であり、婚約者はコロナウイルスの影響で給与が減り、治療費の全額を工面することがどうしても出来ません。

 

途方に暮れている中、クラウドファンディングでご支援を募り、投薬を続け寛解し、今も元気に暮らしている猫ちゃん達の存在を知りました。

寛解まで投薬を続けられるよう、どうか皆様の暖かいご支援をお願い致します。

 

 

●猫伝染性腹膜炎(FIP)とは

多くは1歳未満の子猫で発症します。

原因となるのは、「猫伝染性腹膜炎ウイルス」というウイルスで、「猫腸コロナウイルス」が変異を起こして強毒化したものです。発症は、2種類のタイプが存在します。

 

・ウェットタイプ

ウェットタイプは、胸膜や腹膜などの内臓を覆う膜に炎症が起きる「胸膜炎」や「腹膜炎」と、血管炎を特徴とします。これにより、腹水、胸水、心嚢水、陰嚢水が貯留します。胸水の貯留により、呼吸がしにくく苦しくなることがあります。

ウェットタイプは進行が速く、診断後2週間〜1ヶ月程度で亡くなることもあります。

 

・ドライタイプ

ドライタイプは、いろいろな臓器に肉芽腫を作るのが特徴です。肝臓に肉芽腫が作られると、肝機能が低下します。腎臓に肉芽腫を作ったり、糸球体腎炎を起こしたりすることで、腎機能の低下や腎腫大を引き起こします。眼にぶどう膜炎を引き起こしたり、脳に炎症を起こし、神経症状を生じさせることもあります。

 

ねむは進行の早い、ウェットタイプと診断されました。

出来る限り早く対応する必要があった為、既に投薬を開始しています。

寛解まで投薬を続けられるよう、どうか皆様の暖かいご支援をお願い致します。

 

FIP陽性診断までの体調・通院の履歴

●2021年8月21日

ねむを迎えました。時々咳をするものの、走り回り、じゃれて遊ぶ元気がありました。

 

●2021年8月24日

激しく咳き込むようになり、近所の病院を初受診しました。この時は喘息を疑われ、気管支を広げる薬を処方されました。後にレントゲンの結果、肺炎を起こしていたことが判明し、現在でも軽い咳の症状があり抗生物質を服用しています。

 

●2021年9月1日

元々、適正量の1/3程しか食べられなかったのですが、更に食が細くなり、少量を舐めるのみになり、便通も減りました。画像のように、お腹が膨れ柔らかくなってきました。

 

●2021年9月3日

お腹が更に膨れ、身幅から大きくはみ出すほどになりました。食事もほとんど摂らなくなり、病院へ連れて行ったところ、FIPの疑いが濃厚であり、余命は数日〜2ヶ月と宣告を受けました。

●2021年9月4日

血液検査を実施し、FIPで間違いないと宣告されました。PCR検査は外部機関に依頼し、ステロイド、インターフェロン、抗生物質等を投与しました。下痢が始まりました。

 

エコーの為剃毛しました。皮膚が千切れそうなほど腹水が溜まってしまっています。

 

●2021年9月5日

MUTIAN協力病院を受診しました。最低限の検査を再び行うも、やはりFIPで間違い無いと診断を受けました。下痢をしていた為、MUTIANと整腸剤を処方されました。

 

●2021年9月13日

FIPの陽性診断が出て、書類を受けとりました。

今後は2週間毎に定期検査とMUTIANの追加購入を行なっていきます。

 

ご支援金の使い道・金額の概算

ご支援頂いたお金は、全額ねむのお薬代に充てさせて頂きます。

薬代を概算すると、以下のように費用がかかります。

●投薬量の目安と価格
体重1kgごとに100mg(2,400円)
※50mgのカプセルは1,400円

●1〜7日目 26,600円
ねむは腹水を含め、現在1.35kgの為、最初の7日間は150mg/3,800円を投与します。

●8〜37日目 144,000円
200mg/4,800円×30日
※今後体重が回復し、平均体重の2kgになったと仮定

●38〜74日目 229,400円
250mg/6,200円×37日
※更に順調に成長し、平均体重の2.5kgになったと仮定

●75〜84日目 72,000円
300mg/7,200円×10日
※最後の10日、順調に成長し、平均体重の3kgになったと仮定

投薬費用合計 472,000円

 

上記に加え、

・2週間に一度の定期検査費用等
・吐き戻しや破損に備えた予備薬
・これまでにかかりつけ医院での検査費用が52,763円
※保険適用により実費負担27,763円

などが追加され、投薬終了までに治療費が合計でおよそ650,000円前後かかる見込みです。

この中から自己資金とあにファン手数料10%を考慮して、420,000円を目標金額とさせていただきました。

84日間の投薬を続け、ねむの命をなんとしても守りたいです。

どうか皆様のご支援をお願い致します。

 

リターンについて

 

心ばかりで恐縮ですが、ご支援頂いた金額に応じて、心を込めたお礼のメール、ねむの可愛い画像、オリジナルグッズ等を送付させて頂きます。

 

また、ご支援頂きます度に、活動報告にイニシャル入りのオリジナル画像+お礼を掲載させて頂きます。

 

ねむの経過は随時、下記Twitterにてご報告致します。

@nemu__0518

 

実施スケジュール

  • 2021年9月4日 余命宣告
  • 2021年9月5日 MUTIAN協力病院受診、投薬開始
  • 2021年11月30日 84日間の投薬終了
  • その後経過観察期間を経て、体調に問題がなければ寛解・治療終了
  • 2022年1月下旬 リターン発送予定

 

おわりに

ねむは家に来てくれてから、たくさん好きなものを見つけました。

ピンポン球、クラゲの猫じゃらし、白いブランケット、ハンモック…まだまだ好きなものを見つけてあげたいです。

おでこと頬を撫でられるのが好きで、仕事の帰宅後と朝起きた後は必ずゴロゴロと喉を鳴らしながら「撫でて」と擦り寄ってきます。

 

ねむはとても優しくて、余命宣告を受けた頃、高熱を出し、お腹が膨れ呼吸が早くなり、かなり辛いはずなのに、ひたすら泣き続ける私を心配して寄ってきて、顔をじっと覗き込んでくれました。

人懐こく、病院の先生に名前を呼ばれると、お鼻をくっつけて挨拶するような可愛い子です。

 

最近は、赤ちゃん時代の柔らかく白いヒゲが、少しずつ黒く硬くなってきました。

少しずつ成長しているねむを、絶対に大人にしてあげたいです。

大きくなったねむとこの先も一緒にいたいです。

 

ねむを救う為に、暖かいご支援ご協力を、何卒宜しくお願い致します。

ねむママ/ヤマザキ
ねむママ/ヤマザキ
2021年8月21日にお迎えしたスコティッシュストレートの「ねむ」が、同年9月4日に「伝染性腹膜炎(FIP)」と診断されました。従来の治療では致死率100%で、余命は長くて2ヶ月と…もっとみる

支援コース

支援するコースを選択後、画面下部の「支援する」ボタンからご支援ください。

※数量の変更、複数コースの選択ができます。

※全額応援コースだけの場合、
「ニックネーム&住所入力なし」で支援ができます。

¥ 0
トップに戻る